すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ペン字の上達

ペン字の上達はなかなか実感出来ない。

以前より書けるようになった、とは確実に思う反面
いまでも、まだまだだなぁ、、とか
理想の字が書けるようになる日はくるのだろうか、とか
そんなことも、いつも思う。

ブログにいっぱいアップしてるけど
点ひとつ、払いひとつでも
先生の線の美しさと同じに書けている訳ではない。


あと、ペン字の上達って
ある程度先生のご指導にそった字になるのに
その過程は、
昆虫が、サナギから成虫になる変化に例えられるかも。

クセを直すのに、一度、何か「解体」しないといけなくて
で、
その期間は自分のクセと強く反発しあうので
時間はかかるし、ぎこちなくなり
以前よりもむしろ下手な人になった気分にすらなる。

でも、先生には変化が見えてるんですね。
だから、
「上手になってきたな、と思い始めた頃にやめてしまう。」
という人が結構多いのだそう。

私はそれを入会後間もない新年会でお聞きしていたので
とりあえず実感できなくても続けてみた。

今の私は、サナギの背中がパリッと少し割れたくらいかな
と思ってます。
まだ羽もやわらかくて、
簡単に変な形になっちゃう要素もある、そんなパダワン。
先生にご指導いただきながらも、
お手本なくても書けるように、しているところ。

あと、元々の字のクセって戻りやすくて
ずっと消えないのかもしれない....、とも思う。
練習不足なのかもしれないけれど。
ただ
ライトセーバーは自分の体の一部になることはないのだけど
使いこなせるようになるでしょ。
そんな感じではないかしら。♡

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://penji5.blog2.fc2.com/tb.php/627-b191354c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT