すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

2017年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

練習風景

今日の練習風景

あっ、

20170224A.jpg

そこは乗らないで!(゚д゚lll)

20170224B.jpg

どいてください。(゚д゚lll)

20170224C.jpg

='ェ´= う〜ん 

20170224D.jpg

=`ェ'=  そうねぇ〜

20170224E.jpg

='ェ´= どうしよっかなー

・・・

おしまい。


20170219A.jpg

うふふ。。。

| 余談 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨水次候

20170223d.jpg

「靆」ってこの機会でもなければ書かない〜!

「霞」と「朧」ってそういう使い方なんですね〜。

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

文字を折る

気になったので鳩居堂さんに問い合わせたところ
早速丁寧なお返事いただきました。

「手紙の本文が折られていても相手には失礼にならない」
という認識で販売されているとのこと。

なるほど、そうなんだ〜。
文字が折れることについては基本的に
失礼なのでは...と、気にしなくてもいいのね。(朗報(笑)

行数の決定については
見た目の雰囲気重視、で、数には関係ないようです。

あと「一行」減らすだけで
だいぶ違うんですけどね。
001.jpg

でもメーカーさんが気にしてないなら仕方ないか。



あと自分で出来る対策としては
均等に三つ折りにせず

20170223A.jpg

線に沿ってこんな位置で

20170223B.jpg

ズラして折る

20170223C.jpg

というのはどうなんでしょうね。
仕上がりの幅は太くなるけど。。。
でも、書状としては均等が優先なのかな。
見た目は均等の方が気持ちいいですけどね〜。
好みなのかしら。


| 道具や本 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

縦書き横置き便箋(光流)

以前、「縦書き横置き便箋がみつからない」と投稿をしてすぐに
「鳩居堂にありますよ〜」とお知らせいただきました。

光流

20170220A.jpg


やや、ホントだ!あったあった!
散々見たつもりだったけど見落としていたか、、
あと、線の色が濃くて太いのはスルーしていたので
その中にあったのかなぁ...と思いつつ
たまたま横浜に出かける用事があったので
横浜店に立ち寄って確認してみました。

うっかりしたのは、
横浜店ではこの便箋については試し書きをさせてくれていたのに
デスクペン持って行かなかったこと。
(ボールペン、サインペン、筆ペンはお店で用意してくれています)

失敗したなーと思ったけど
でもまた来るのも大変だし、いいや
ってことでダメもと購入。

20170220B.jpg

ついでにミニサイズのも見つけたので
これも買ってきました。

20170220C.jpg

買ってみて分かったことが2つあるんですが

ひとつは
店頭でこんな感じで開けて見ると
ちょっと線が濃いなと思っても

20170220D.jpg

実際に使うときに一枚だけ剥がすと
薄くなるということに気づいた。
つまり、これは何枚も重なっているから
下の線も重なって見えてるけど
一枚だとその分薄く細くなる。
和紙風で薄いので線の濃さが変わるんですね。

薄くて細いのが欲しかったので、これは良かった。

もうひとつは

この便箋を買う目的は、
封筒に入れるため折るときに
書いた部分を折りたくない
から、ということだったのだけど

三つ折りにすると、
20170220E.jpg

なんと、

20170220F.jpg

思いっきり、2行分のど真ん中を折り目が貫きます。

マジか....。

店頭で試しに折らせてもらえばよかったよー。

これってどうなの?
書いた字を折るのは、礼節とか伝統的に
問題じゃないんだろうか?
いいの?
行数に、伝統とか
奇数偶数の縁起、礼儀、迷信みたいなのがあってこうなってるのだろうか?

いやでも、
受け取った人は読みにくいよねぇ^_^;
ちょっとがっかり。

是非改善して欲しいものです。
ちなみに用紙の質感はいい感じです。

書き心地はそこそこ
若干にじむ気もしたけど
あんまり書いてないのでそれについてはまた後日。




| 道具や本 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削(+2)

お手本無し分の添削です!


20170217A.jpg

20170217B.jpg

20170217C.jpg


行書の「風」のここは
幾度となく書けないでいる。

それからこの文章には「も」が沢山あるので
適当に変えていたんだけど
これでいいのか?
質問させていただこうと思って忘れていました。


20170217D.jpg

20170217E.jpg

行書も楷書も「時」の「寺」を
同じように書いてしまっていました。

| 添削 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨水初候

20170211A.jpg

20170211B.jpg

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削(353,354)

添削戻りました。

20170216A.jpg

20170216B.jpg

20170216C.jpg


お手本無しの分は沢山あるのでまた後日!

私は左右の複合形漢字の旁の幅が広がる傾向がある。
あと、左右が広すぎたり狭すぎたり
どっちもある。

| 添削 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペン字の上達

ペン字の上達はなかなか実感出来ない。

以前より書けるようになった、とは確実に思う反面
いまでも、まだまだだなぁ、、とか
理想の字が書けるようになる日はくるのだろうか、とか
そんなことも、いつも思う。

ブログにいっぱいアップしてるけど
点ひとつ、払いひとつでも
先生の線の美しさと同じに書けている訳ではない。


あと、ペン字の上達って
ある程度先生のご指導にそった字になるのに
その過程は、
昆虫が、サナギから成虫になる変化に例えられるかも。

クセを直すのに、一度、何か「解体」しないといけなくて
で、
その期間は自分のクセと強く反発しあうので
時間はかかるし、ぎこちなくなり
以前よりもむしろ下手な人になった気分にすらなる。

でも、先生には変化が見えてるんですね。
だから、
「上手になってきたな、と思い始めた頃にやめてしまう。」
という人が結構多いのだそう。

私はそれを入会後間もない新年会でお聞きしていたので
とりあえず実感できなくても続けてみた。

今の私は、サナギの背中がパリッと少し割れたくらいかな
と思ってます。
まだ羽もやわらかくて、
簡単に変な形になっちゃう要素もある、そんなパダワン。
先生にご指導いただきながらも、
お手本なくても書けるように、しているところ。

あと、元々の字のクセって戻りやすくて
ずっと消えないのかもしれない....、とも思う。
練習不足なのかもしれないけれど。
ただ
ライトセーバーは自分の体の一部になることはないのだけど
使いこなせるようになるでしょ。
そんな感じではないかしら。♡

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて、先生に「谷」について教えていただきました。

仕上がりはこんな感じ
最初はカタカナの「ハ」。
20170210A.jpg
先生の書いた字ではありませんので
そこはご注意下さい。

アップして改めてみると、
傘の部分がもう少し長いほうがいい!
と気づく。
アップするとそういうところがよく見える。

で、書き直すと

20170214A.jpg

よし、この方がいい。



ポイントとしては
この幅を揃える。

20170214B.jpg

印象ではピッチリ端を正確に揃えると言うより
見た目で揃っているように
という感じ。

それからこのスペースも揃える。

20170214C.jpg

これも正確な面積ってことじゃなくて
見た目、ですね!

こういう均等って「目」とか「川」など
色んなところで出てくるけど
改めてなるほどーー!って感じです!
わかっているようで分かってないのだった。

それから、最初に短かった「人」のようなところ
私はここが全体に短くなるクセがあるようで
思い切ってゆったり大きめに書くに気を付けたいところ。

20170214D.jpg

こんなのとか
少し前に教えていただいた「藤」の

20170214E.jpg

この部分とか。

あと、「ハ」部分も詰まらないように気を付けたいところ。

20170214F.jpg

こういう1〜2画目の幅も同じね〜。
これは何年か前にペン字の会で先輩師範に教えてもらって
それ以来気を付けられるようになったところー。


それから「、」
これもキレイに書こうと思うと案外難しい。

20170214G.jpg

すっと入って、なめらかに曲がり
最後を美しくまとめる。

こういうのがキッチリ書けるとうれしいのよね。


| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立春の旬

20170211C.jpg

20170211D.jpg

最後の「ま」「した。」は「まし」「た。」にするべきだったか?
一文字じゃない方が良いと思ったけど
隙間が空きすぎたかも。。。


20170211E.jpg

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立春末候

20170206B.jpg


「こおり」と書くといつも
小2の時に教えてもらったこれを思い出します。

20170206C.jpg

私の記憶ではこれだったんだけど、
調べたらもっと長いのもあった。

みなさんの記憶ではどうなってますか?


とおくの おおきな こおりの うえを
ほおずき くわえた こおろぎと
おおくの おおかみが とおずつ とおった



とおくで おおくの おおかみが
とおの ほおずき ほおかむり
こおりの こおろぎ ほのおで おおう




などがあるそうですよ(^^)
他にもあるのかな。

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清書(353,354,+,桜)

清書です。
やっと書けました。
これはまだ先月分。

お手本あり

20170209A.jpg

20170209B.jpg


お手本なし

20170209C.jpg
ぎゃっ、見事に行間がどんどん広くなってる−!
こういうクセがあるようで、いつも広くなってるなぁ。
書いている時は、行頭を書くときに
同じになるよう揃えてるつもりなんだけど、、。
そしてお手本無しで行書を書くと
グニャグニャしてる気がしてしまう。

20170209D.jpg




余談ですが
そんな河津桜を見てきました。
伊豆ではなく神奈川県の松田です。
ここもちょっとした名所。

IMG_5906.jpg
丘の斜面一面に咲いています。

IMG_5911.jpg
桜祭りは2月11日から3月12日までだそうだけど
祭りの前にもう既に満開。
斜面には菜の花も植えてあるんだけど
もうすっかり終わっていたようで
花は刈り取られていました!
桜も3月12日まではとても持たないので
見に行きたい方は早めにどうぞ〜!

IMG_5918.jpg

駅からは少し歩くけど、
JR松田北口からシャトルバスが出ています。


少し丘の上に行くので
富士山も見えます。
IMG_5925.jpg
知らない人が写ってて
富士山は写ってないけど。。。(≧∀≦)

相模湾と伊豆大島もよく見えましたよ。
IMG_5923.jpg

そして、
地元のきんかんを買いました。(^。^)
IMG_5928.jpg

おまけにおまけをしてもらっちゃって
たっぷりあるのでジャムも作るよ〜ん。


同じ日に「寄(やどりき)」のロウバイ祭りも見てきました。

IMG_5898.jpg

こちらも神奈川松田で、斜面にいっぱいにロウバイがある。
日本最大級だそうです。
斜面を撮った写真がないんだけど、
ぐるっと散策するのに30分くらいはかかりました。
確かにこれほどロウバイがあるの珍しい。
地元の小学生から始まって、増やしているんだそう。

IMG_5905 (1)

ロウバイって、100個種を蒔いて
1個芽が出れば良い方なんだって!

花はひそやかで目立たないんだけど
香りがスバラシイんですよね〜〜!
大好き。うっとり香りに包まれてきました。

| 清書 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立春次候

20170206A.jpg


「鶯」という字もなかなか書かない。

そして、
鶯って春先は、上手に鳴かなかったりしますよね。
だから、「あれって、うぐいすだよね?」って
「たぶんそう(^m^)」みたいな感じ。
だんだん初夏に向かって上手になる。

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

立春初候

20170203A.jpg

20170203B.jpg


行の中心が曲がる〜〜〜!Σ( ̄ロ ̄lll)

しかし、
いよいよ立春です!
うれしいなー!
まーだまだ寒いけど、確実に日はのびています。
あと一息だよ〜☆

| 練習 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削(351,352,+)

添削戻っています。

書くのに時間がかかった。
なかなか上手く書けないのもあって、、、^_^;


20170202A.jpg

20170202B.jpg




20170202C.jpg

20170202D.jpg




20170202E.jpg

20170202F.jpg




20170202G.jpg

20170202H.jpg


そして、「ました。」あたりはほぼ行の中心曲がってる。
なかなかビシッと決まりません..。

| 添削 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |