すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

2015年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

お手本の位置

ここ2〜3年くらいか、もっとか
以前に教えてもらった「お手本をコピーして折って横に置く」
という位置でやってませんでした。
(やり方は過去ブログでどうぞ)

コピーするのが面倒で、、、^_^;
一気に溜まったお手本を仕上げたあたりからかなぁ


しかし
ここのところは
ちょこっと復活しています。

どうしてかというと、
勉強会や新年会で超上級者の方が
今でもこのやり方をされていると聞いたから!
特に、お手本は絶対汚さないように大切にしてあるそうで...
しばらく私はお手本原本そのまま見ながら書いていて
確かにインクでうっかり汚れちゃうことも。。

ただ、コピーだとどうしても線が少し潰れたりするので
原本をそのままお手本にされる、
というのも聞いたことがあります。

原本も時々見てうっとりしつつ、
がいいですかね。

| ペン字の話題 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

字典探し-その2

さて、字典はその後も図書館本でチェック続けましたが
今のところ買いたいのがありません。

現在ご検討されていないとのことですが
山下先生の字典が無いのは本当に惜しい。
大げさでなく日本全体の損失のような気もします。


とりあえず、先生のご著書を買い始めました。

20150328a.jpg

少し足りない字が補足できるかなぁと思って。
間違えて2冊買っちゃったのもある。
まだ買っただけで、チェック・リスト化まで至ってませんが
どうかな(^^)。

| ペン字の話題 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削(292)と清書(291)

添削土曜日に戻ってます!

20150329a.jpg

それから清書。
今回もお手本1枚分だけど出します〜。

20150329b.jpg

20150329c.jpg

2枚。

| 添削 | 22:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清書(292)

ちょっと1枚だけど提出。

20150320a.jpg

何度か書いても「武勇」が長くなった。
「用」も似たように縦線がよれた。

| 清書 | 02:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強会-1411-(3)正座と便箋

新年会でなく、去年の勉強会の話題のつづき

まずは、当時作ったペン字専用スペースは

20141204a.jpg

その後もいい感じです。
確かに「場所じゃなかった....」
を、痛感したこともありましたが(笑)
小さくても専用にあるのは、とてもいいです。

椅子でなく床に座るのは
脚が痺れるのではと気になりましたが、
丁度同じ頃、煌雨師範のブログで座卓やこたつ派が話題になっていて
へ〜、意外に多いんだと思ってました。

先生の座り方については新年会でも話題になり、
少しだけ高さのある椅子を使っていらっしゃるので
正座ではないとのこと。
とても使い心地の良いお気に入りの椅子だそうです。
そういうお気に入りがあるのはうれしいですね(*^^*)

私は椅子ではないですが、
座禅用座布団を使っていまして、高さ約16cm。
座ってもそこそこ高さはしっかり保ってくれます。
もう5年くらい前に瞑想用に買ったんですが、
さほど使わず、今が一番活躍してるかも(笑)
主にペタンコ座りしてます。
へたることなくなかなか良い品です。

京都の座布団専門店一疋屋  ≪5,400円以上で送料無料!≫【座禅...

京都の座布団専門店
3,888円(送料別)





@@@@


話しを戻して秋の勉強会。

この日、テーマは年賀状だったのですが
事前に手紙や便箋について質問してあったので
上級者のお手紙の実物を持ってきていただきました。

その美しさと完成度は本当に衝撃でした。
これ欲しい! って思うくらい。
今でも目に焼き付いてます。
三次会でもかなりの時間盛り上がりましたっけ。

で、
それまで100均の縦書き便箋や横書きを縦にして使っていたのですが

20150303a.jpg

紙質として書きやすさはまぁまぁなものの、
幅が狭いので、1行飛ばしで書いてました。

20150303b.jpg


そこで、
まずはもう少し幅の広い便箋を手に入れよう
と相談していたら、その後

20150303c.jpg

「試しにこれを使ってみて」と!
な、なんと、便箋をいただいてしまいました!

ご親切という言葉では表現できないくらいの
ありがたさです。。。
語彙が貧しいので思い浮かばない。
なんて言えばいいんだろうー
本当にありがとうございます!

20150303d.jpg

こんな便箋があるんですね。
この太さの幅の便箋は使ったことがありませんでした。
とてもゆったり書けます!

それで、同じシリーズのもう少し幅の細いの

20150303e.jpg

も買ってみましたが

20150303f.jpg

こちらでも、以前のよりだいぶ太いので仕上がりはいい感じです。
でも付けペンで書くとちょっと引っかかる感じがあります。

それと、つい先日
100均で

20150303g.jpg

ちょっと、みみちゃんどいて。

20150303h.jpg

どいてください。

20150303i.jpg

踏まないでください。

20150303j.jpg

やれやれ。
類似品を見つけましたのでこちらも購入。

20150303k.jpg


さすが100均。

20150303l.jpg

このパクリ具合は見事です。

20150303n.jpg

当然の価格差からの紙質や厚みなどは大分違いますが
意外とするっと書ける。
侮れません。
それになにしろ100円! 気楽に使えるのがいいですよ〜♪

そんな感じで便箋に興味を持ち始め
そういえば...、と「Stone penji」を検索してみたところ
あったじゃないか〜

しかも(3)
さすがお道具情報は外さないStone penji

ということで、
万年筆に向く便箋(2)
万年筆に向く便箋(1)
も拝見すると、ふむふむ
万年筆には「井草」というのがいいらしい。

早速、万年筆持ってないけど買ってみました〜(≧∇≦)

20150303o.jpg

くまちゃん、どいてくれませんか。

20150303p.jpg

どかないつもりならこのまま続けますが
今使ってるシルク付けペンだと、ひっかかるかな〜
でも見た目などの質感はとてもいいです。

ついでにハンズで見たもうひとつ、
ちょっと小さめのクリーム色の無地も購入。

20150303q.jpg

こちらも引っかかりがあるのと
剥がすときちょっと切れちゃうのがなんとかならないか、、なのだけど
外枠線だけがあって、シンプルなのはいいです。


そういえば新年会で、
「封筒も茶封筒でなくきちんとしたものを使いたい」
という話題が出ましたが
私は茶封筒の味わいも結構好き。

20150303r.jpg


郵便番号5桁のレトロ茶封筒も在庫あり
現役で健在よ(笑)

ミニレターも時々使うしね(^m^)



------------------------------------
Amazonで買えるのはこのあたり♪





まだ買ってないけどこれもよさげ?
 ↓

| 道具や本 | 02:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削(289)

添削戻ってます。

添削が戻ってくるのは楽しみだな〜。

今回は実は他の清書も出しているのですが
それは勉強会の時にでも機会があれば。

20150302a.jpg

| 添削 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

字典探し-その1

練習的に行書を自運で書くようにしてから
この字はどう書くのか?
やはり分からないことが多く気になるようになりました。

元々「行書はお手本を見ないと書けな〜い」レベルだったのですが
それでも書き始めると、なんとかなる字もあって
あら、意外に自然に身についているモノだなぁと
楽しく練習を進めていますが、
やはり何も見ないと分からない字があります。

私はお手本の文章をテキスト化してあるので
だいたいは検索して探せばなんとかなりますが
お手本を探してもその字が無く
他の字の一部を参考にしようとしても見つからず
というケースがでてきました。

そこで、「字典」が欲しくなる。

残念ながら山下先生は字典を出されてないので
会員の中では三上先生の字典が定番です。

その三上先生の字典を買えば良いのですが、
パッと買うのを躊躇われるようなプレミアム価格で
他に行書のお手本に使える「字典」はないかなぁと探し始め、
まず手始めに図書館で予約して借りたり
ネットで画像検索したりしています。

★もしご近所の書店などで、
 奇跡的に新書が在庫となってる三上先生の字典を見かけたら、
 是非是非☆ご連絡ください!!_(_ _)_
 買っておいていただけるとありがたいです。
 欲しい本は下記にリンクしてます。

以前から時々、書籍などを立ち読みして
他の指導者の字に触れると、
山下先生の字を見慣れている目にとっては
えっ!これでいいんですかっ??^_^; という感じの
かなりなオドロキ。

どんな字を書くのか、書きたいかは
美的感覚の違い、好みの問題ともいえるので
単純に「私にとっては」という感想ですが
それらの字が書けるようになりたいとは思わない。

自分を棚上げですみませんが(笑)
有名な会の院長や会長をされている方でも
「くせ字」に見えてしまったり。
特にお手本として見ていると、
ハッとする美しさや心地よさがない。
普通にお手紙いただく字なら、個性として楽しみ
どんな字でもそんな風に気になりませんがね。

探した中では三上流という先生の字典を
これでいいかなと、検討中ですが、とりあえず保留。
一旦買いましたがキャンセルしちゃった(A^^
図書館で借りて確認してからにしたい。


これに関連して
先日、上達具合についての記事を書きましたが
よく言われるように、やはり
書ける字よりも早く、目が上達するのかな。
だから上達しない気がしてしまうんですね。

見事なお手本とどうしても比較してしまうし
門下生も本当にみなさんレベルが高いので
はるかに及ばないという視点でしか見えなくなっていますが
でも今回、他の指導者をお手本としてきちんと改めて見たことで、
私の理想としている山下先生の字に
広い世界の中では、自分は近づいてはいるんじゃない?i(^^)i
という気がしてきました(笑)

・広い全体では近づいてる。うれしいな〜♪
・まだまだ精進が必要。やるぜ!

それぞれの二つの視点を上手に利用すると
楽しいおけいこや、冷静な上達に役立つな〜って思いましたよ(^^)v

それにしても山下先生と門下生のみなさん、
いやぁ、、素晴らしいな〜☆
ここに関われて、交流できて
楽しめていることに、ホントに感謝しちゃう〜。


-------
さて、
欲しい本はこれです!
「初版」と「二版」以降では線の美しさが違うそう!
重版分中古でも十分ですが
初版が新品で変えたら奇跡だね〜!(≧∇≦)
。*:゜☆ヽ(*’∀’*)/☆゜:。*。



ご近所の昔からある地元の書店が狙い目ですね!

| 道具や本 | 04:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |