すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

2014年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

インク容器

ペン字用インクボトル
早速見てきました。

まずはスポイト付きボトル
20141207a.jpg

20141207b.jpg
世界堂で173円の20%引き → 138円
これはガラスでなくプラスチックです。
持ち出し用かな〜

つづいて、東急ハンズで
点眼容器のようなボトル2個
20141207e.jpg
液ビン大(理化学用品コーナー) 43円
液ビン小(化粧容器コーナー) (確か64円だけどうろ覚え)
これもお出掛け用かな。

同じく東急ハンズで
20141207c.jpg
コルク蓋のガラスビン(化粧容器コーナー) 108円
ゴム蓋(理化学用品コーナー) (確か43円だけどうろ覚え)

コルクの蓋はすぐ汚れそうなので
↓こんなふうに差し替えようかなと、別途蓋を買ったのです。
20141207d.jpg
これがおうち用かな〜♪

あと、理化学用品コーナーで
スポイト 21円も買いました。

100均でも使えるのがありそうですね。

お出かけセットを常に持ち歩いていらっしゃるKさんは
インク壷はどんな容器をお使いなのかな〜?
市販のインクボトルそのまま持って行かれてるのだろうか。
今度教えてもらいたいと思ってます。
ちなみに勉強会などでは
私も今までそうでしたが、みなさん市販されているままです。



そして、詰め替え派ならば
こんなものが〜(笑)



一般的に使われているパイロット 製図用インク 30cc
約12倍i(^^)iの容量なので
沢山使う場合はお得だよ!
この商品、初めて見たよー
私はとても使い切れないかもしれないけど
買っちゃいそうでイヤだわ(A^^;(笑)

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強会-1411-(2)インク瓶

引き続き勉強会情報

インクボトルの話題です♪

極黒は少しずつインクを使える構造になっているのでいいんですが
パイロットの製図用は
底の方に行くに従ってだんだん広くなる普通のガラス瓶。
少なくなってくると使いづらくなります。

そこで、インクをつぎ足しながら、
快適な液量を常に保ちながら使う
というのが良いのだそうです!

継ぎ足すことは全く考えていませんでした\(^O^)/

ただ、私の場合、練習頻度が少ないモノですから、
一旦開封するとかなり長期間持ちこたえるため(笑)
ワインボトルに見られる澱(おり)のようなものが出来ます。
澱というのは、
「長く熟成され重厚な味わいを持った上質な赤ワインに多く見られるもの」
なのですが、
私のインクも、長く熟成されたかのような様子になり
時々ペン先に塊が付いてくることも、、、、(A^^;

もちろん澱ではなく、
単に水分の蒸発と沈殿してきて固まってるだけなんですが(笑)
今まさにこの状態なので
これに新しいインクを注ぎ足す気分にちょっとなれず
まだ実行していません。

以前から考えていたのは
スポイト式のビンはどうかなぁ、、、と。
画材のカラーインクの中には
スポイト付きのビンで最初から販売している商品もあります。
画材としてのカラーインクは薄めて使うからなんですが
それでも案外、的外れではない気もしてます。
勉強会などへの持ち運びのことも考えると、
いいアのではないかと...。

東急ハンズで空ボトルの販売を見たことがあるので
今度買ってみるつもり。

↓ こんなのですよ。


あとは、調べてみたら
TWSBI インクボトル というのも
インクサーバーがあるらしく、良さそう。
こんなのですが、台湾のメーカーらしい

通販で売っていた
3,000円+税で、お試しにはちょっと高いかな。


または、ほんの少しずつ入れる容器。
例えば、もう売ってないっぽいけど彩料ビン
こんなのです


また道具に走りそうですが
まあいいさ(笑)

| 道具や本 | 01:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強会-1411-(1)場所

東京で開催の勉強会に参加してきました♪

午後2時から始まり、勉強会の後にお茶で2次会
更に残った少数メンバーで軽食とともに3次会。
ふと気づけば、あっという間に午後11時(≧∇≦)!
もちろんずーっとペン字の話題、
なのにまだ話し足りない感じで
後ろ髪ひかれつつの解散でした!

いやぁ、濃い、、、。

特に3次会で聞いた上級者の方のお話には
感動しまくりでした。
もう、レベルが違うというより、
次元が違うところにいらっしゃる!
すごいなー!

今回の勉強会では、新規ご参加の方が4名いらして
師範の方のマンツーマン指導も受けておられましたよ。
次は全体の新年会ですが、
そのまた後にも勉強会は開催される予定のようですので
気になっている方は
気楽に参加されてみると良いと思います♪

私にとっては色々な話題が楽しかったですし、
有意義な情報も得られました(^^)v
お願いして見せていただいた「お手紙」の美しさにも
本当にうっとり見入ってしまいました。
よい物をみせていただきました。
ありがとうございました。。。。

とにかくいつもながら盛りだくさんの話題でしたが
そのうちのひとつ、
ペン字のための専用スペースを作る
というのは、まずやってみました!i(^^)i


20141204a.jpg


ペン字を書くときは仕事机を利用していますが
ある程度の資料が広がっていることが多く
それを片付けて、ペン字の道具を出す。
仕事に戻るときはその逆を
というのが、微妙にステップ数増えてしまうので
本格的に書くときはそうするとしても
いつでもちょこっと書けるスペースです。

小さな折りたたみテーブルの利用なので
コンパクトでいいんですが、正座になるのと
ガスファンヒーターのガス栓の長さの関係で
暖房が近すぎるとか
以前から場所を確保されているお方に
「場所じゃない」と、アドバイスもいただいたり(^m^)
色々ありますが、ひとまずやってみる(笑)


ちなみに左上にあるのは以前話題になったシリコンマットですが
筆圧の高い私には、長時間の使用には捺印マットが楽な気がします。
それからダイソーのシリコン鍋敷きは、ホコリがつきやすいため
掃除が全く行き届いてない場合、よぉ〜く分かります....(A^^

他にも道具の話題など色々でましたので
後日ぽつぽつ抜粋してご報告していきます。


おまけ----

今回ペン字用にしたミニ折りたたみ机。
これはその昔、小学校から中学校くらいの頃
勉強机の脇に置いて、漫画描き用に使っていたモノ。
当時は漫画家になりたかったのですが、
勉強しないで描いていると親に怒られたっけ〜。
懐かしい。
テーブルクロスを取ると緑色、年代的には立派な昭和レトロ。

20141204b.jpg

この頃買ってあったペン先を捨てたのが惜しい。


| ペン字の話題 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |