すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

清書

とりあえず清書です。
4月の2回目一部と自運。

毎度のことですが
どうも添削の入った同じ所が
何度書いても書けない〜。

140528a.jpg

140528b.jpg

140528c.jpg


---

それから、これは先生が添削にもう一枚付けてくださった分の
練習書きです。
清書には至らなかった、、、
まぁ、、上の清書もタイムリミットって感じの仕上がりですが(^^ゞ

140528d.jpg

先日ブログで書いた「分からない」というところを
メモ的に書いてくださったのですが
いやぁ、お手本もう一枚いただいたような
得した気分です!

一番右はこれも、行書なんでしょうかね!?
草書なのかな、、というくらい、縁のなさそうな崩しぶりですが
こんな風に崩すんですね〜〜〜!
とても面白い。

そしてなにより
私は先生のこの、
こんな風に指導してくださることへの
そしてペン字への
情熱とか愛に感動しました。
先生には、出し惜しみがない
むしろ悦びが伝わってくる
それが本当に響きます。
そういうものに触れられることが、
私にはとてもうれしいです。

ありがとうございます。
じーん。。。。


だったらもっとちゃんと清書出そうよ
て、自分ツッコミで一応締めます(A^^;

| 清書 | 22:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ステキなペン軸情報が*¥(^o^)/*

でもすみません後日☆

| 道具や本 | 01:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木製ペン軸-追記

塗りのない無垢材ペン軸
「STANDARDGRAPH(スタンダードグラフ)」という
デザイン・製図用品のドイツのメーカーでも
以前は販売していたそう。

検索しても見あたりませんでした。

| 道具や本 | 02:27 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木製ペン軸

気になっていた何も塗りのない木製のペン軸


(↑ショップのリンク画像です)

探しても見つからなかったんですが
どうやら廃盤になってしまったようです。

使ってみたかったな−、残念。

もし、
持っているけどもう使わない
という方がいらしたら、、、
または「他のメーカーでもあるよ〜」
と、ご存じの方がいらしたら
是非ご一報を〜〜!☆_(_ _)_

| 道具や本 | 01:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ガリガリくん

2014年05月19日01時27分05秒_001

| 道具や本 | 01:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削

自運でアップした練習用紙
日を改めて見ると、やっぱりお手本ありとはだいぶ違うな−。
パッと見ても、なんだかグニャグニャ書いているだけのような
そんな、見苦しい印象...(^^ゞ

さて
添削戻りました♪

201405116a.jpg
「援」の中心、ああ、そうなのかー!
なんとなく「ノ」も「、」真ん中に合わせる気持ちでしたが
左に寄せるんだ〜!
「意」の「心」のサイズも、なるほどー

201405116b.jpg
「氵」のバランス、そうなのか!
他もふむふむって感じです。

201405116c.jpg

「別」の偏がイマイチわからなかったんですが、こういうことなんですね。
教えていただくと確かにそうだなって思うんだけど(笑)
「世」は、ああ、下が細くなるところまでは気づかなかった。
ここも何度も同じように書いてしまうところ。
「お」のクセも、あるあるー!
「ま」はそうなのか! 連綿では二本線にせずこの書き方で行くんだ!
分かってるようで書けないワケだなー(笑)

---------

それから今回
ブログをご覧いただいたありがたいもう一枚が!
独り言の練習での疑問にお返事いただいた感じです!
うわーヽ(^o^)丿

それは後日書きます。
今日は添削のみ。

| 添削 | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「思」の行書と練習

「思」の行書も2段階ある。

201405115a.jpg

どの字もそうなのかな。

より崩した右の書き方はかっこいい。
友人に手紙など出す場合、このくらいなら使うかな。
どうかな、微妙なところ。


---

そして今日の練習、なんちゃって行書。

201405115b.jpg

「取」は偏がもうすこし格好良くしたいところ、、
「満」「足」「感」はどれもどこか少し違う気がする。
「郷」はだいぶ違う気がする(笑)
「概」は書けそうで書けてない?。「、」はいらないんだよね。

| 練習 | 22:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「世」の行書

先日書いた自運の「世」
なんか違う気がする、、、
と思っていましたが、調べたら、やはり違った−!

正しくはこんな感じ。

201405114a.jpg

なるほど。。。。
書けないものだな。


「運」という字のお手本は見あたら無かった。
「覚」は目の下がもう少し左に長いのだ。
「減」は書き出しがもう少し自然に繋がると良さそう。


ところで

「世」の上の崩し方は、旧字体なのかな。
元々は何から来ているのだろう?
何が語源で略されて「世」になったのだろうねぇ。

と、調べてみたけど
いまひとつ分からなかった(^^;)

| 練習 | 01:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

練習

練習。ペン馴らし的な。


20140511-2a.jpg

「女」「運」「覚」ってこうだっけー?
そして曲がってるぜー

20140511-2b.jpg

「減」の旁の崩し方がイマイチわからない。
で、曲がってる曲がってる。

20140511-2c.jpg

「世」「痛」も書き方がわからない。
「身」は最近やった気がするけど、
それでも自信ないな。
それにしても最後まで曲がってるー(笑)

| 練習 | 23:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清書(2回転分)+自運

そして早速、
2回転分の清書です。



20140511a.jpg

20140511b.jpg

あと自運1枚

20140511c.jpg

前回の2回転分の「格」は
たぶん自分で書くことは一生無いのではないか、、、
という気がするので、書きそうな格をひとまず加えてみました(A^^;
「回」ってこんな? なんか違う気がする。。
「なりました」「ます」あたりが左に寄ってますね−。

| 清書 | 00:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

添削

添削戻りました。

20140510a.jpg
「果」みたいな「口」のようなのは大きくなりがちだなー。
「な」とか「か」は広がったり狭まったり、、、。
「美」はそうだよー、散々書かせてもらったのに!(A^^;

20140510b.jpg
「な」がねー
「け」「は」とか「り」もキレイな線がなかなか出ないもんです。

20140510c.jpg
「く」「です」とか、あと「し」なんかも
なかなか右に思い切り寄せられない、というのがある。
それから、線は自分ではまぁまぁスッキリしていた
というか全然問題にしてなかったんですが
そうか、確かにメリハリ少なく、もたつく感じがあるんだな。
確かにそうかもしれない。

20140510d.jpg
ここでも「美」が書けてないとは(^^;)
「楽」はそうだそうだ!こんな形(笑)
見ないと書けない、ってのをしみじみ実感。
でもこの字は覚えられた気がする。
「と」も他でもあった。
ありがとうの「とう」が右に寄るのも
なかなかできないもんだなー
「う」は行書じゃなくても左に寄りがちです。

自運で書くと勉強になるな〜☆

| 添削 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

練習

今日は、戻った添削の一部練習のみ。

20140507a.jpg
幅のバランスと中心がなかなか思うようにいきません。
左下が一番いいかな。

20140507b.jpg
心の2筆目がつい右寄りになったり、口が大きかったり
そういうクセもあるね。
これは右下が一番いいかな。

書くのが楽しいよ〜♪

| 練習 | 00:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペン先(クロムとニュームと火)

今年の新年会の雑談で
ペン先の
「クロム(艶有り)とニューム(艶消し)との違いは」という話題になり

20140506a.jpg


私は
「わかりません...(笑) どうでしたっけ。
 先生はニュームですよね。
 インクの付きがいいのかなぁ? (と、いい加減に言って)
 そういうことはS師範が詳しいよね!(と、適切にお返事しておきました)」

その後、忘れていましたが
先日ご紹介した漫画の方のブログで
ニュームの方が硬いという記事があり、
先生もそのような感覚がおありのようです。

そしてS師範のブログを検索したら
やっぱりあった〜〜!
さすがです。
違いが分かりやすーい。
確かに使ってみるとそんな感じはあります。

以前も読んだことある気がします...が
当時はつけペン使ってなかったので
殆ど記憶に残らなかったんだな(^^;)



それから、
最近たまたま見つけたんですが

使い始めはペン先に付いている油分を
火で炙って取る。みたいなことが書いてあって

20140506b.jpg

新品はインクを弾くからだそう。

確かに最初はインクを弾くけど、すぐ消えるし
そんなことしたことない。

と想いながらも
そういえば、、、、

だんだん使っているうちにインクが少なくなると
油膜ができる、、、、

というのは、この油分のせいなのか?

20140506c.jpg

できませんか?こんな油膜。

こっちのほうが分かりやすいかな。

20140506d.jpg

これ、確か新品の時は無いよね?

と、丁度新品もあったので出して見ると

20140506e.jpg

ないない!
全然ないよ〜!

これがペン先の油分でできるのか
何か時間が立つと空気に触れてできるのか
それは分からないけど、、
そしてこの油膜が何か問題になるのか?すらわからないけど(笑)



って、このあたりまで確認したところで、検索してみると
サビ防止剤なので最初によく拭くとよい
というのが見つかりました。
無水アルコールがいいらしいですが
ほんとなのかどうかは分かりません。
やっぱり火がいいという話しもありそうです。

わからないまま終わります(笑)


=======
6月後半に
ペン習字研修センターの会員の方による自主的な勉強会が
都内で開催予定のようです♪
(私は参加はまだ未定です)

| 道具や本 | 02:02 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

万年筆の動画

ペン習字とはちょっと違うけど
以前こちらでご紹介した
万年筆を使った欧文カリグラフィーの動画



あまりに見事で、上手なダンスを観ているようです。

第2弾もあったらしい



見ているだけで気持ちいい。

このくらい書けたら
すっごく楽しいよね〜〜!!!
カリグラフィ、やりたくなっちゃう。


ペン先を色々検索していて見つけたんだけど
このNamiki Falcon (ナミキファルコン)という万年筆は
パイロットが国内で販売してる「エラボー」の海外版だそう。
この動画の影響で
エラボーも一時メーカー欠品だったとか(^m^)
ペン好きな方、あちこちに、沢山いますね〜(笑)

| 余談 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清書

清書です。

今日は、猫たちが激しく周囲を走り回る中で書きました。
という言い訳?(笑)

全体には、いつもながら字粒と中心、
でしょうか。。


20140503a.jpg
特に字粒がなかなか揃わない

20140503b.jpg
中心がだいぶずれてしまった

20140503c.jpg
行書について、このくらいになるともう
お手本みないと書けません。

20140503d.jpg
創作。
自運って創作のことかな?

会報で勉強会&納涼会の告知がありましたね。
そして今月は年に2回の封筒でしたが
ぎゃっ!ちょっと恥ずかしい(≧∇≦)
なんでかというと、60円のミニレターだから(笑)
今はもう62円ですが
割と使ってますi(^^)i
小さめの清書と、返信ミニレターと、挨拶メモと、お月謝用紙
くらいは入るんですよ。

清書を折らずに封筒に入れ出されている方と比べると
ずいぶんちっこい感じと思いますが(A^^;むはは

| 清書 | 03:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペン先

新年会やお茶会でよく話題になるペン先

佐藤師範のブログ記事を読んで
「JISマーク付き」というのがあることを初めて知ったのですが
先日ちょっと調べていて
「JISマーク付き」でも色々あるらしい
という記事を見つけました。
(↑知らない方のブログ)

個人ブログのようなので信憑性はわかりませんが
比較があって、すごく分かりやすい〜!
他のページも少し見ましたが
色々詳しく載っていて面白かったです。
みなさん買うときのご参考に♪

でも、こうなると
手元で見るか、拡大画像を見るか、使うか
しないと分かりませんね〜!


ペン先で思い出すのは(前にも書いたかもしれないけど)
最初に参加した大雪の新年会。
2次会で、師範の方が先生に
「どのくらいで交換しますか」と質問されていましたが
先生のお答えは確か「一ヶ月は普通に使う」といったような感じで
もっと使われるようなニュアンスでした。
質問された方は
だいたい1週間くらいで交換しているサイクルだったらしく
とても驚かれていました。
毎日何時間も書かれている先生がそんなに長く使われることに。

当時私はボールペンで書いていたので
話しを聞いても全然ピンと来ませんでしたが
今にして思うと
そもそも使っているペン先の持ちが違うってことなのかもしれませんね〜

その時の先生のお話が記憶に残っていたので
私は近年買ったペン先を何年も使い続けたのですが
あんたそれは大間違いだよって感じでしたね(A^^;

実際ちゃんと使ってみると、
新しく買ってもほんとにすぐダメになります。
取り替えていきなりダメな感じのもあります。
そこは品質を保って欲しいものです。

先生がペン先を洗わなくていいのも
そういう違いがあるのかもしれないですね??
そうだとしたら
恐るべし、新旧の質の違いかな。

| 道具や本 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |