すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

2013年02月 | ARCHIVE-SELECT | 2013年04月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

「行書」仕切り直し

行書は、まだお手本を見ないでは書けない。
例えば「糸」という字。
見ないで書こうとすると真っ白状態(笑)
全く手が動かせないくらいだった。

次回から、2回転目の清書が
やっとこ行書にさしかかる。

このあたりを含めて、これから
行書のお稽古は仕切り直しするつもり。

とりあえず、ちょっとしたひと言が
お手本を見なくても、だいたい行書で書ける
というのが今年の目標かな〜i(^^)i

清書の完成度以前の問題だけどさ!(笑)
いいのよいいのよ〜♪

| ペン字の話題 | 03:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

清書

久しぶりの清書です!

中心曲がっていたり、ペンが太かったり
細かいところもいろいろいろいろ・・・ありますが^_^;
エイヤッと提出です。

20130327a.jpg

20130327b.jpg

20130327c.jpg

20130327d.jpg

| 清書 | 09:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

持ち方


ラベンダーさん、コメントありがとうございます。
動画がご参考になったようでうれしいです。

人差し指が逆に反る持ち方、
それはこのような持ち方ですね〜〜〜(笑)

私は、まだつい戻ってしまうんですが
だいぶ改善されましたよ!

お互い、軽く長時間書けるように、早くなりたいですね!!

========================

ところで、今、家の扉を一カ所改修計画のため
色々業者さんに来ていただいているんですが
そのうちの一人の職人さんっぽい方が
珍しい書き方をされていました!

横書き文字を書く場合、
普通は紙をこうやって置いて書きますが

20130306a.jpg

こんな風に置いて書くのです。

20130306b.jpg

「ええっ!? この方は何を始めたのか!?」
というくらい見ていると違和感があり
すっごい技術で書いているように見えます(@@)

ちなみに左利き。
それにしても!

ペンの持ち方を器具を使ってまで矯正中の私としては
かなり衝撃の書き方!(≧∇≦)

「わー!なんかすごいですね!」
「それが普通なんですか?」
「いつもそうなんですか?」
とか騒いでいたら
ペンの流れる方向と、左利きだとこのほうがいかにスムーズか
という説明をしてくださったのですが
イマイチ...ピンと来ませんでした!(笑)


それで、
ちょっと検索したら
ここにもいらしたようです

時々いらっしゃるんですかね〜

ともあれ
新鮮で楽しかったです(^m^)

| ペン字の話題 | 01:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

下敷きゴム臭の救世主?

Oさんから
下敷きについての続報です!!

新たに探された、
片面サラサラコート付きシリコンゴムシート
というのが
臭いは全くないそうです!

厚み、色が選べるようで、
入手されたのはこちら
(サイズ:30cm×30cm 厚み4mm)



ゴムの硬度は0~100まで(数値が大きいほど硬い)
10° 人肌 
35° 消しゴム 
65° タイヤ
80° マウスのボール
100° カチコチ

だそうで
硬さと色は違う2点をご購入されたそうです
硬度:40° 色:グレー 
硬度:50° 色:黒
(最初40°のやわらかい方を入手、
 その後もう少し硬いのも試したくなり、
 50°をご購入、とのこと)

ちなみに、シャチハタの硬度は45°
(↑シャチハタに確認済とのこと!素晴らしいー!!)



使用感についてご感想は

====================

どちらも書きやすいです。(ガリガリ感が少ない)
40°はシャチハタに似ています。数値のとおり少し柔らかいです。
でもシリコンゴムは、反発弾性が優れているので、それほど違和感はありません。

50°のものは、確かに硬いのですが、ペン先の力をしっかりと受け止めてくれるようで、筆圧を少し高くして書く方が良い結果が得られると思います。硬さはコクヨに近いかも。

紙質、筆圧、ペン先の状態、ペンの種類、ひらがな、行書、楷書さらには、その時の体調?(笑)も影響しますので、両方を使い分けて使用するつもりです。

40°と50°で下敷きの硬さは明らかに違うのですが、
ライフプレインカラー、マルマンルーズリーフ、どちらも良く書けます。


シリコンゴムの特性は無味無臭、人に害が無い(食品機器で多用されている)反発弾性に優れている、耐老化性がある、機械的強度を必要としない下敷きとしては理想的だと思います。唯一の欠点は表面のベタベタ感です。触ってもベタベタしたものが付くわけではないのですが、感触が良くないです。それを解消するのがサラサラコートです。(非常に滑らかで良い感じです。)


価格が高いか、安いかについては、各人の価値観によると思います。
私は、これだけ高品質のゴム板が、個人的に入手できた事が驚きでした。

====================

とのことでした。
新しい下敷き情報と詳しく的確なご感想、
ありがとうございます〜〜〜!
これは参考になりますね−!

そして、臭いもそうだけど、
私は捺印マットのあの濃い緑がどうもあんまり好みじゃ無くて
(だから最初にプラスのを買ったのですが(^^;)
こちらは色も選べていいなー。

自主勉強会などあれば持ってきていただけそう〜〜?i(^^)iなので
タイミングが合えば開催したいですね!

| 道具や本 | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コメント

今月の会報、新年会の様子ですが
今年は参加者のみなさんのお顔が個別で面白いですね。

さて、動画にコメントやメールをいただいております♪
ご感想などお寄せくださったみなさま、
ありがとうございます〜!(*^^*)
先生の持ち方や動きは、やはり参考になりますね−。
撮らせていただき本当によかったです。


それから、
シャチハタ捺印マットを購入されたKさん、
「使い続けていたら だんだんと柔らかさが心地よく
 書きやすくなってきました」とのこと。

そうなんですよね。
このやわらかさは、臭いがあっても使いたくなるような感じがあります。

その臭いも、最初は部屋中に広がって困っていたのですが
慣れたのか、、、だいぶ平気になってきました。
どうしても顔との距離が短かくなるし
あることはあるんですけどね(^^;)

Oさんが、ポリ袋をかぶせ、テープで完全に密封
という臭い対策を試されたようですが、解消しなかったとのこと。
いっそのこと自分の鼻を塞ぐといいのか。。。。?(^・・^)
とも思っていますが、マスクじゃスッキリは解決しなそうです。
ティッシュ詰めたりしたら、それが不快ですしね(笑)

プラスのはまだ使ってないので、こちらも試してご報告します。
シャチハタに比べると随分硬い感じがありますが..
臭いは全然ないので、どうしてもダメな場合はこれもありかな。
今はマウスパッドになってます。(≧∇≦)

| ペン字の話題 | 12:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |