すみそのペン字練習帳

通信教育のペン字。練習の習慣化と書く愉しみのブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「も」について

前の清書で「も」を沢山使う場合について
先生に質問してみたところ
行書の「も」のバリエーションを教えていただきました。

20170328s-9.jpg


私は殆ど左の列の一番上と下、右の一番下しか使ってなかった。
これだけあると大分いい。

それから、あまりこのように続くのを清書にしない
という策もあるとのこと。
でも書く必要があるときもありますもんね!

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペン字の上達

ペン字の上達はなかなか実感出来ない。

以前より書けるようになった、とは確実に思う反面
いまでも、まだまだだなぁ、、とか
理想の字が書けるようになる日はくるのだろうか、とか
そんなことも、いつも思う。

ブログにいっぱいアップしてるけど
点ひとつ、払いひとつでも
先生の線の美しさと同じに書けている訳ではない。


あと、ペン字の上達って
ある程度先生のご指導にそった字になるのに
その過程は、
昆虫が、サナギから成虫になる変化に例えられるかも。

クセを直すのに、一度、何か「解体」しないといけなくて
で、
その期間は自分のクセと強く反発しあうので
時間はかかるし、ぎこちなくなり
以前よりもむしろ下手な人になった気分にすらなる。

でも、先生には変化が見えてるんですね。
だから、
「上手になってきたな、と思い始めた頃にやめてしまう。」
という人が結構多いのだそう。

私はそれを入会後間もない新年会でお聞きしていたので
とりあえず実感できなくても続けてみた。

今の私は、サナギの背中がパリッと少し割れたくらいかな
と思ってます。
まだ羽もやわらかくて、
簡単に変な形になっちゃう要素もある、そんなパダワン。
先生にご指導いただきながらも、
お手本なくても書けるように、しているところ。

あと、元々の字のクセって戻りやすくて
ずっと消えないのかもしれない....、とも思う。
練習不足なのかもしれないけれど。
ただ
ライトセーバーは自分の体の一部になることはないのだけど
使いこなせるようになるでしょ。
そんな感じではないかしら。♡

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さて、先生に「谷」について教えていただきました。

仕上がりはこんな感じ
最初はカタカナの「ハ」。
20170210A.jpg
先生の書いた字ではありませんので
そこはご注意下さい。

アップして改めてみると、
傘の部分がもう少し長いほうがいい!
と気づく。
アップするとそういうところがよく見える。

で、書き直すと

20170214A.jpg

よし、この方がいい。



ポイントとしては
この幅を揃える。

20170214B.jpg

印象ではピッチリ端を正確に揃えると言うより
見た目で揃っているように
という感じ。

それからこのスペースも揃える。

20170214C.jpg

これも正確な面積ってことじゃなくて
見た目、ですね!

こういう均等って「目」とか「川」など
色んなところで出てくるけど
改めてなるほどーー!って感じです!
わかっているようで分かってないのだった。

それから、最初に短かった「人」のようなところ
私はここが全体に短くなるクセがあるようで
思い切ってゆったり大きめに書くに気を付けたいところ。

20170214D.jpg

こんなのとか
少し前に教えていただいた「藤」の

20170214E.jpg

この部分とか。

あと、「ハ」部分も詰まらないように気を付けたいところ。

20170214F.jpg

こういう1〜2画目の幅も同じね〜。
これは何年か前にペン字の会で先輩師範に教えてもらって
それ以来気を付けられるようになったところー。


それから「、」
これもキレイに書こうと思うと案外難しい。

20170214G.jpg

すっと入って、なめらかに曲がり
最後を美しくまとめる。

こういうのがキッチリ書けるとうれしいのよね。


| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

年賀状を書いて

もう何年もずっと
年賀状の宛名は殆どプリントやタックシールにしていましたが
今年の分は手書きにしてみました。

良い練習になったなー!
それで、書いているうち気づいたこと
いくつか、、、



◆ 「様」が宛名に近すぎる

これは私のクセです。
一文字空けた方がいいのでそうするつもりで書くんだけど
書き上がってみると近すぎる、ということが多かった。
最後のほうはだいぶ離せるように改善されたけど
それでも「このあたりかな」と言うつもりで書いても
近すぎることが多かった。


◆ 宛名が大きすぎる

葉書のバランスとしてちょっと大きくなってしまう。
「様」もそうだけど、絵はがきシリーズもそんな感じ。


◆ ペン先の劣化は思っていたより早い

特に「ニューム」については、ほとんど1日で太くなっていた!
いままで結構練習した日も、
1日で取り替えるということはなかった。
太いかな、と思いつつそのまま書いていたんだけど
やっぱり太くなっていたんだなー!!^_^;ひえ〜〜
っていうのがよく分かった!

筆圧が高いからかも?しれない。
あと、ニュームはややカリカリ感が強くて
インクの出が悪くなることが多いので
そんな時はつい強めに書いてしまうからかもしれない。
または、インクの方が乾燥したり劣化しているのかもしれない。
何れにしても、
つけペンで書き心地の快適さを継続するのは難しいなぁ。

ちなみにこんな感じです。
上:太くなったペン先
真ん中:新しいペン先
下:デスクペン

20170111A.jpg

太くなったのではキレのある線は出せない。
デスクペンは安定して書きやすいけど
微妙な強弱がつけづらいのが惜しい。


年賀状を書き終わった時に
去年、書いたまま出さずにいた清書を見ると
あ、やっぱりペン先太くなっていたんだ、と思った。

書き直して出そう。


◆ 苦手な字の再認識

住所やお名前って、普通に手紙などで書く文章の中に出てこない字があったりするから
苦手な字や、バランスがなんか違う、、という字を再認識できた。
意外に簡単な字だったりします。
「谷」「奥」など。他にもあるけど。


基本の練習をきちんと続けよう

なぞりがきも地道に続けよう。

そんな感じ(๑'ᴗ'๑)


それから
いただいている年賀状を見て思うことは
特にペン字を習っている風でなくても
キレイだな〜、って感じる気持ちいい字を書かれている方もいます。
わたしも「見て気持ち良い字」「品のいい字」を書けるようになりたいものです。

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「燦」201610

今月の会報につきまして。

師範の認定をいただきました。

あまりに課題が山積み、、、
練習しても
自分でよく書けたと思えるのはほんのわずか。。
20161002C.jpg
たとえばこれくらい。

基礎からやり直そうとしていたところだったので
いいのだろうか...とも思ってしまうのですが
私は今きっと
弟子には見えないが師には見えている変化があった
という処までは来られたんだ。と
そんな風に感じました。

この一部の光に
これからの可能性を見ていただいたのだ...と思っています。

うお〜
私、パダワンの認定をいただいたのだ。
これから一段階深く
次の鍛錬に入る時期なんだ。

今はまだ「時々使えるアイテム」という気がしますが
真のジェダイ目指して丁寧に取り組みます。
そんな感じに包まれています。

20161002D.jpg


。*:゜☆ヽ゜:。*。☆゜*。・*゜ ☆.・。*゜。

三日かかって、ようやく
先生への御礼の手紙を書き終わりました!
たった便箋1枚にゆったりした字数なんですが!(≧∇≦)

| ペン字の話題 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アップダウン

ペン字を習っていて
上達具合についての実感は
ほんとにアップダウンが激しい。

しかも、殆どの場合、だいたい9割位は「ダウン」。

自分でもよくこんなに続けられているな...と思うほどですが
清書でなかなか書けないことはもちろんそうだし
店頭などで署名に自分の名前を書いたときなど
不意打ちを食らったようにがっくりする。
満足いく字が書けたことがない。
やっぱりダメだ、、みたいになる。

20160924pA.jpg


でも、
ちょっと前に話題にしていた「見舞い葉書」とかを書いていて

2016092a.jpg

こういう「舞」みたいな字とか
「感じ」のように続く字を書いたときは
うわぁ〜〜、あたしもこういう字が書けるようになったわ〜
゚・。*(´∀`*)。・゚+
と、シビレる(笑)

で、また、改めて見たりブログに載せたりすると
あちこち気になって、
結局ダメか、、とガックリする(笑)

20160924pA.jpg


まあでも
なんだかんだ言っても
書いてるときは気分が落ち着くことが多いのだ。


| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

静扇師範のペン字教室

そういえば
静扇師範のペン字教室のリンクをしていませんでした。

プロフィールページでお使いの下敷きマットは
やはり捺印マットですね!i(^^)i



それから静扇師範のインクは「極黒」。

それにしても見本のペン字
やはり素晴らしいですね。

見事な大人の女性の美しさだな〜!

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

曲がりと角度

ペン字の清書を出すまでのパターンは
だいたい

前に失敗した清書用紙の裏などで練習して
清書にとりかかって
何度も失敗して
「まぁこれが今の実力かな....」って
るあ程度のところで見切りをつけて
提出
するわけですが
スキャンしてブログにアップすると
書いていて「これを清書にしよう」
と思った時以上に、オドロクほど
直すべき箇所が沢山見えてきます。

「マジかっ!!」って思うくらい
増えます。
書き上げたときは
特に中心については、
これほど曲がってるとは思わないんです。

20160919a.jpg

20160919b.jpg

むしろ、「だいたいいいかな」
くらいの感じに見えてる。

ひとつ思いつくのは
書いている時とパソコンで見るときで
角度が違う事。

20160919c.jpg

だから出来るだけ用紙を置く位置が離れないようにするんだけど
やはり同じではないからか、
私はそれでも曲がるのだ。

書くときの方が距離が近いのもあるかもしれないな。
最近はハズキの拡大メガネ使ってるしー(≧∇≦)

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お返事

コメント経由でご質問いただきました。
更新が滞り広告も出ちゃっているので
投稿でお返事させていただきます〜!

ペン字を習い始めたのは、
私は元々どちらかというと子供っぽい感じの字で
お葬式の芳名帳や香典袋に
年齢相応の「大人っぽい字」が書けたらいいのにな〜っ!
ってところで気になっていた頃に丁度
本屋さんで山下先生の本を買ってみたら、
なんと先生ご自身が添削してくださると書かれていたので始めました。

通信講座とDVDの独学で迷っているのだったら
断然に通信講座をオススメします。
そのほうが間違えなく「大幅な時間短縮」になります。
自分ではクセがなかなか分からないからです。
何が違ってお手本に似ないのか、、、分からないんです。

私は当初の目的だった
「香典袋に多少大人っぽい字が書けるように」というのは
以前の字から比べたら大分よくなったと思います。
しかし、ハッキリ言って、他の門下生のみなさんと比べたら
これは謙遜でなく、かなり下手なんですよ〜〜〜(A^^;
すぐに元の字に戻れちゃうくらいです。
練習量が少ないからだと思いますが、字のレベルが安定しない感じです。
そんなところなので人にはペン字は教えてません(笑)
師範の方は何人も教えている方がいるはずです。
知っている範囲でも数人いらっしゃいます。

それから、元々字がある程度上手な方は
やはり上達が早いなーって、違いを痛感させられることもあります。
でも、人にたまに「きれいな字だね」と言われることがあり
自分では下手でギョッとしちゃうくらいなんだけど
自覚できないところで上達しているんだろうな、とも感じたりします。

まぁ、行ったり来たりです。

でも、とにかく、
以前よりきれいな字が書けると「気持ちいい」ですよ。
なかなかお手本通りに思うように書けなくて
清書仕上げるに時間がかかることもしばしばですが
ちょっと写経のような心が落ち着く感じもあります。
先生のきれいな字を見ていると爽やかな気持ちになりますし。
そんな感じで続けているのです。
私はアウトドアや物づくりや料理なんかの趣味と並行して楽しんでいます。

一緒に通信でペン字やりましょうよ(^_−)v

周囲のみなさんを見ていると
自分のことはわからないけど、人が上達しているのはよく分かります。
みなさん上達してますね。
これは是非楽しみに始められるといいと思います。

| ペン字の話題 | 01:41 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

すっかり更新(お稽古)をサボってますが
先生の本を読み直したりしてます。
そろそろやるぞ。

| ペン字の話題 | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強会7/25

先日の東京勉強会に参加してきました。

今回はT師範の講義第2段!
なんとプロジェクターまでご持参してくださって
分かりやすい講義でした。
先生のお手本や本を見るポイントや書くときのコツ。
ひらがなやなぞり書きの重要性。
ご自身の練習のやり方やその他気を付けていること。
ご本人は「今回の講義で出し尽くしました」と仰ってましたが
いやいや、私はまだまだあることを知っていますので(笑)
次回にリクエストしておきましたよ。

それから質問も色々あって
暑中見舞いや検定や連綿についてなど
師範の先生が答えていました。

で、恒例の2次会、
今回はなんと11時までおしゃべりが尽きず
最遅じゃないかな(笑)

もちろん途中退席された方もいらして
最後は5名でしたが
新旧メンバーが混ざってました。


---

私は「ブログを見てますよ」という方たちに
「上達していますね」と言っていただきました。

ペン字を始めた頃の字を見ると
本当に上達したなぁと思います。

ありがとうございます。

| ペン字の話題 | 18:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お手本の角度

地味なアップグレード、マイナーチェンジを繰り返している
わたくしのペン字専用コーナー。

この度は、お手本に角度を付ける台紙を追加。

家にあった紙でこのような三角形を作り、、

20150612e.jpg

 ちなみにこの時、長方形の対角線の出し方をすっかり忘れているので
 検索したりしながらでしたが、結局式がわからず(゚д゚lll)
 それでも対角線長を計算してくれるページを見つけて一件落着。やれやれ。

お手本に角度を付けました。

20150612f.jpg

ちょっと角度が変わるだけで、だいぶ快適になりましたよ!∈^0^∋

| ペン字の話題 | 03:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ペン先の形状

ペン先の形状について
新年会で話題になり
先生が持ってこられたペン先の写真を撮らせていただきました。

20150131.jpg

が、内容がうろ覚え、、、(A^^;

確か このように細いから日光のはイマイチ
ってことだったと思います!

なんていい加減なんだ>じぶん

以前掲載したつもりだったけど、
ブログ内を探しても見あたらないので投稿。


| ペン字の話題 | 01:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お手本の扱い

早速真似しました!(≧∇≦)
お手本をいただいたら

今回は、溜まっている分を消化したくて
原本をじっくり見るゆとりが無かったけど(A^^;
丁度いい具合のマグネットボードがありました。
もうちょっと角度があると、よりいいな〜

20150602e.jpg

迷える小ネズミのために教えてくださり
ありがとうございました〜(^^)!!

| ペン字の話題 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お手本と会報

「Stone penji」で
お手本をいただいたらどうするか
を、と〜ても分かりやすく解説してくださってますね!
これはありがたい。
みなさんも是非真似すると良いと思います!!

私は中心線はその昔は引いていたかも、、
最近は、かえって分かりづらくなる気がして引いてなかった。
引いてみようかなぁ。
原本をクリスタルパックに入れて見ながら、というのはやってませんでしたよ。
そのまま時々見る感じ。
確かにちょっと折れたり汚れたりする...(^^ゞ

それから、
山下先生のサイトで
「ペン字を美しく見せるコツ」 「常用漢字手本」について
完全に見落としてました(゚д゚lll)
ひえ〜!どんだけの数を見落としていたんだろう!!Σ( ̄ロ ̄lll)
今月から保存するー!(T^T)


それから、それから、
今月の会報でT師範が最高位一級合格・優良賞を受賞の記事が掲載されていました。
本当に実力そのものという感じがしますが、それにしてもやはり
スバラシイですね〜〜!!
さすがです。
とてもカッコイイ字を書かれます。見事です。

他の上級者のみなさんも本当に素晴らしいんですよ。
このような方々に気さくに接していただき
勉強会など開催していただいていることは
まことにありがたいことです。

ペン字の本は、世に沢山出ていますが
山下先生と門下生のレベルの高さを改めて認識するために
そういった悪趣味的な面白さで見る、感じだったりね〜♪

って、私の「山下先生の字典作成」の野望i(^^)i☆も
ちょっと掲載していただき、そこにも書いてますが。
結局、他の方のはちょこちょこ細かく気になって
買えませんでした。
しかし字典作成は本当に時間がかかりそうです。
そう考えると、出されている方々は
それなりの時間をかけて作られたんだろうなぁという敬意は感じます(^^)
ありがたいことです。

| ペン字の話題 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お手本の位置

ここ2〜3年くらいか、もっとか
以前に教えてもらった「お手本をコピーして折って横に置く」
という位置でやってませんでした。
(やり方は過去ブログでどうぞ)

コピーするのが面倒で、、、^_^;
一気に溜まったお手本を仕上げたあたりからかなぁ


しかし
ここのところは
ちょこっと復活しています。

どうしてかというと、
勉強会や新年会で超上級者の方が
今でもこのやり方をされていると聞いたから!
特に、お手本は絶対汚さないように大切にしてあるそうで...
しばらく私はお手本原本そのまま見ながら書いていて
確かにインクでうっかり汚れちゃうことも。。

ただ、コピーだとどうしても線が少し潰れたりするので
原本をそのままお手本にされる、
というのも聞いたことがあります。

原本も時々見てうっとりしつつ、
がいいですかね。

| ペン字の話題 | 03:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

字典探し-その2

さて、字典はその後も図書館本でチェック続けましたが
今のところ買いたいのがありません。

現在ご検討されていないとのことですが
山下先生の字典が無いのは本当に惜しい。
大げさでなく日本全体の損失のような気もします。


とりあえず、先生のご著書を買い始めました。

20150328a.jpg

少し足りない字が補足できるかなぁと思って。
間違えて2冊買っちゃったのもある。
まだ買っただけで、チェック・リスト化まで至ってませんが
どうかな(^^)。

| ペン字の話題 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

上達しない

「上達しない。。。」
この悩みは多くの人が持っている。
よく聞きますし自分もよく思う。

先日の新年会3次会で
なんと先生ですらそのように思っていたということを伺いました。
もちろんレベルの違う話ですがf^_^
「上達しないなぁ、、やめたほうがいいのかなぁ」
と思ったことがおありだとか!

私から見たら、もう習わなくていいのでは
というような上級者の方が
やはり「いえ、まだまだ。。」と話されることもよくあります。

以前も何度か書きましたが
本当に自分では清書を見直すと
がっかりしちゃうんですよねぇ
この字は、なんとからなないものか、、、ってくらい。

どんなレベルでもこれはあるってことだね。
だからそれでいいのか、と安心したような
安心している場合じゃないような(笑)

| ペン字の話題 | 02:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

インク容器

ペン字用インクボトル
早速見てきました。

まずはスポイト付きボトル
20141207a.jpg

20141207b.jpg
世界堂で173円の20%引き → 138円
これはガラスでなくプラスチックです。
持ち出し用かな〜

つづいて、東急ハンズで
点眼容器のようなボトル2個
20141207e.jpg
液ビン大(理化学用品コーナー) 43円
液ビン小(化粧容器コーナー) (確か64円だけどうろ覚え)
これもお出掛け用かな。

同じく東急ハンズで
20141207c.jpg
コルク蓋のガラスビン(化粧容器コーナー) 108円
ゴム蓋(理化学用品コーナー) (確か43円だけどうろ覚え)

コルクの蓋はすぐ汚れそうなので
↓こんなふうに差し替えようかなと、別途蓋を買ったのです。
20141207d.jpg
これがおうち用かな〜♪

あと、理化学用品コーナーで
スポイト 21円も買いました。

100均でも使えるのがありそうですね。

お出かけセットを常に持ち歩いていらっしゃるKさんは
インク壷はどんな容器をお使いなのかな〜?
市販のインクボトルそのまま持って行かれてるのだろうか。
今度教えてもらいたいと思ってます。
ちなみに勉強会などでは
私も今までそうでしたが、みなさん市販されているままです。



そして、詰め替え派ならば
こんなものが〜(笑)



一般的に使われているパイロット 製図用インク 30cc
約12倍i(^^)iの容量なので
沢山使う場合はお得だよ!
この商品、初めて見たよー
私はとても使い切れないかもしれないけど
買っちゃいそうでイヤだわ(A^^;(笑)

| ペン字の話題 | 00:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

勉強会-1411-(1)場所

東京で開催の勉強会に参加してきました♪

午後2時から始まり、勉強会の後にお茶で2次会
更に残った少数メンバーで軽食とともに3次会。
ふと気づけば、あっという間に午後11時(≧∇≦)!
もちろんずーっとペン字の話題、
なのにまだ話し足りない感じで
後ろ髪ひかれつつの解散でした!

いやぁ、濃い、、、。

特に3次会で聞いた上級者の方のお話には
感動しまくりでした。
もう、レベルが違うというより、
次元が違うところにいらっしゃる!
すごいなー!

今回の勉強会では、新規ご参加の方が4名いらして
師範の方のマンツーマン指導も受けておられましたよ。
次は全体の新年会ですが、
そのまた後にも勉強会は開催される予定のようですので
気になっている方は
気楽に参加されてみると良いと思います♪

私にとっては色々な話題が楽しかったですし、
有意義な情報も得られました(^^)v
お願いして見せていただいた「お手紙」の美しさにも
本当にうっとり見入ってしまいました。
よい物をみせていただきました。
ありがとうございました。。。。

とにかくいつもながら盛りだくさんの話題でしたが
そのうちのひとつ、
ペン字のための専用スペースを作る
というのは、まずやってみました!i(^^)i


20141204a.jpg


ペン字を書くときは仕事机を利用していますが
ある程度の資料が広がっていることが多く
それを片付けて、ペン字の道具を出す。
仕事に戻るときはその逆を
というのが、微妙にステップ数増えてしまうので
本格的に書くときはそうするとしても
いつでもちょこっと書けるスペースです。

小さな折りたたみテーブルの利用なので
コンパクトでいいんですが、正座になるのと
ガスファンヒーターのガス栓の長さの関係で
暖房が近すぎるとか
以前から場所を確保されているお方に
「場所じゃない」と、アドバイスもいただいたり(^m^)
色々ありますが、ひとまずやってみる(笑)


ちなみに左上にあるのは以前話題になったシリコンマットですが
筆圧の高い私には、長時間の使用には捺印マットが楽な気がします。
それからダイソーのシリコン鍋敷きは、ホコリがつきやすいため
掃除が全く行き届いてない場合、よぉ〜く分かります....(A^^

他にも道具の話題など色々でましたので
後日ぽつぽつ抜粋してご報告していきます。


おまけ----

今回ペン字用にしたミニ折りたたみ机。
これはその昔、小学校から中学校くらいの頃
勉強机の脇に置いて、漫画描き用に使っていたモノ。
当時は漫画家になりたかったのですが、
勉強しないで描いていると親に怒られたっけ〜。
懐かしい。
テーブルクロスを取ると緑色、年代的には立派な昭和レトロ。

20141204b.jpg

この頃買ってあったペン先を捨てたのが惜しい。


| ペン字の話題 | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT